会社全般 

新LPWA端末「グッとびくん・M2」の販売開始

~ 更なる品質の追求により、ガス事業者様のDXを支援 ~

 エヌ・ティ・ティ テレコン株式会社は、集中監視・自動検針用のLPWA※1端末「グッとびくん・M」の後継機として、更なる品質を追求した新端末「グッとびくん・M2」の販売を3月10日より開始いたします。

今後もNTTグループの総合力を駆使したトータルソリューションを提供し、ガス事業者様のDX推進に貢献してまいります。
また、ガス以外の分野におけるセンシングや集中監視のソリューションにも積極的にチャレンジします。

本商品の特長(従来モデルとの対比)

◎ 従来モデルの2メータ対応に加え、「バルク監視(3接点)」もこれ1台で対応
メータポートを接点ポートに切り替える※2ことにより、最大3接点出力への対応が可能となりました。
これにより、接点入力が3つ必要な「バルク監視」も本端末1台で監視することが可能となりました。

◎ ロードサーベイ機能の搭載
1時間毎の検針値を24時間分蓄積し、纏めて送信するロードサーベイ機能の搭載により、
電池寿命を維持したまま検針データの収集機能をアップしました。

◎ 電波強度確認機能の強化
エリアカバー№1のドコモLTE※3(cat.M1)を引き続き採用するとともに、
ご利用開始前の電波強度確認において、ノイズも同時に測定する事で通信品質を確保し、
検針エラーを低減※4しました。
さらに、遠隔で電波強度を確認する機能を新たに設け、検針エラー時の対処も迅速化しました。

◎ 小型化・軽量化、施工性も大幅向上
従来モデル比で34%小型化、26%軽量化を実現。また、配管に取り付ける際に必要な溝とインシュロックを
通す穴を具備するとともに、設定に必要なQRコード表示を本体横から本体前面に移動、
併せてメータ配列に合わせて端子台を横配列とするなど施工性を大幅向上し、
カンタン・スピーディーな設置工事※5を実現しました。

◎ 防虫対策の強化
虫が入りにくいパーツの採用と構造に改良し、蟻などによる設置後の害虫被害を軽減しました。

※1 LPWA(Low Power Wide Area):消費電力を抑えつつ遠距離通信を実現する無線技術
※2 Uバス/5bit/接点切替え端子×1、5bit/接点切替え端子×1、接点端子×1、8bit端子×1
※3 LTE(Long Term Evolution):高速無線規格4Gの一種
※4 検針エラー0.5%未満:当社M実績
※5 取り付け作業時間目安10分~15分程度

[お問い合わせ先]
エヌ・ティ・ティ テレコン株式会社 営業推進室 03-5806-6120

TOP