ニュース一覧


2020年11月24日

EV充電器電力使用量自動検針の提供開始

EV充電器電力使用量自動検針の提供開始
~ EV化の促進に寄与し、地球環境負荷低減/SDGs達成に貢献 ~


  NTTテレコン株式会社(代表取締役社長:深澤充、本社:東京都台東区、以下NTTテレコン)は、今後急速に普及が進むと見込まれる電気自動車(Electric Vehicle、以下EV)用のEV充電器自動検針の提供を開始しました。

  NTTテレコンは、「IoTトータルソリューションで未来を拓く」を合言葉に、従来からのガス事業者様向けを中心とした集中監視サービスに加え、遠隔自動検針のノウハウを活用し、ガス以外の事業者様向けにも業務効率化、課題解決を実現するソリューションを提供することで、あらゆるお客様の真のValuePartnerとなることを目指しております。

このたび、LPガス遠隔自動検針の仕組みを活かし、EV充電器の電力使用量を遠隔で検針したいという充電サービス提供事業者様からのニーズにお応えするため、パルス出力式電力量計を介して出力されるパルスを電文変換器により電文に変換する仕組みを採用することで、自動検針の実現を可能としました。

 これにより、充電サービス提供事業者様は、電気使用量を把握するために現地に赴くことが不要となり、業務の効率化、生産性の向上が期待できます。
また、現在は、関東・甲信越の一部エリアから提供を開始しておりますが、順次その他エリアへの展開を進めていく予定です。

NTTテレコンは、今後もオープンイノベーションの積極的な推進を図ることで、遠隔自動検針を軸としたさまざまなサービスを、ガス業界、およびガス業界を超えたさまざまな事業者様に提供していくとともに、NTTグループ等さまざまな事業者とも協業、連携していくことで、より多くの事業者様の業務改善・改革、課題解決につながる取り組みを推進してまいります。


<EV充電器電力使用量遠隔自動検針の一例>

evcharge.jpg